オークションの利用方法が解明!よくわかる解説

オークションの出品で人をひきつける方法

私は、オークションに幾度か出品したことがあり、その時に学んだ、出品の時にお客さんを惹きつける方法を紹介したいと思います。

まず、一つ目は題名を注目してもらえるように工夫することです。例えば、CDやDVDを本来の価格より低価格でオークションに出品する場合は、【激安!】など太めの括弧や「!」、「★」といったマークを上手く使って目立たせます。また、かなかな手に入らない貴重なものを出品する場合には【★希少★】【レア☆】という風にすることで、オークションに気を向けてもらいやすくなります。また、廃盤や絶版している場合もそれを強調するほうがいいです。

また、お客さんは送料のことを気にかけている方が、結構いらっしゃいます。なので送料は負担しないよりもやはり送料込みのほうが、出品した商品を気にかけてもらいやすいです。「送料無料!」と記載しているだけでも、オークションページを見ているお客さんにはなんだか得した気分を感じてもらえるので、出来るだけ送料は出品者側が負担したほうが得策です。

そして、ペニオクに出品する商品を紹介する際には要点を簡潔に書くことをおすすめします。いろんな情報を書きすぎて却ってお客さんを混乱させるよりも、重要なポイントがすぐさまお客さんの脳内に入るように読みやすく書きます。それなら、余計な情報でお客さんを躊躇させることもないので、商品を気に入ってくれた場合は、早い決断をされると思います。

ペニオク 攻略したい人にとっておきの情報を!まず再出品をする際にも、人をひきつけられる方法はあります。まず、一番いいのは、一回目の出品時に提示した値段よりも下げて出品することです。その際に、「値下げしました!」と言うことをアピールすれば、より効果があります。また、再出品の回数を3回までと決めて行うことがポイントです。3回を過ぎて、また出品している場合は何故落札されないか、疑わしく慎重な目で見られるため、不利なので、自動出品回数の最高数6回には設定せずに、少なくするほうがいいです。